投稿日:

WealthNavi(ウェルスナビ)で損失の可能性

銀行の金利はどんどん下がるばかりで、バルブ期の定期預金の金利が6パーセント近くあったのに対し、現在は主要な銀行でも0.010パーセント程度だと言われています。
したがって銀行はもはやお金を保管しておく以外に使い道がない状況で、時代遅れなのです。
そうした中で資産運用を考える人たちがいろいろな方法を模索しており、今ではインターネット上でもたくさんの資産運用ができるようになりました。
専門サイトも充実しているのでわざわざ金融機関へ行かなくてもインターネット上で検索すれば自分に合った資産運用ができるのです。

特に今おすすめしたいのがWealthNavi(ウェルスナビ)と呼ばれる資産運用サービスで、このサービスはロボアドバイザーが自動的に資産運用をしてくれるという非常に便利で近未来的なシステムになっています。
ロボアドバイザーが自動的にやってくれると聞いてもいまいちピンとこない人もいるかもしれませんが、ウェルスナビのロボアドバイザーは非常に優秀で、実際に利用している人の感想を聞いても評価が高いことで知られています。

ウェルスナビは口座開設時にあらかじめ6つの質問をしてその人の合ったプランを診断しますから、その時点で許容できるリスクを設定できます。
リスクマネージメントをしっかりやることは資産運用をするうえでとても重要なことですし、これがあらかじめできていれば損失も最小限に抑えることが可能です。
また、投資をしているとどうしてもその場の状況に一喜一憂しやすくなり、売り時や買い時を見逃してしまうことも多々ありますが、ロボアドバイザーに任せておけばそういった精神の浮き沈みに左右されることなくできるので無駄な損失を防ぐことが可能です。

ただ損失をまったく出さないというのはどういう方法であっても難しいことですから、まずはどの程度のリスクがあるのか自分で把握するようにしてください。
ウェルスナビの損益率は平均して6.70パーセントですから、ほかのロボアドバイザーを使った資産運用サービスと比べてもそれほど大きな変化があるわけではありません。
しかしいろいろな選択肢があるという点やロボアドバイザーの性能を見ればやはりおすすめできる資産運用サービスと言えます。

まずはウェルスナビについて情報収集をしてほしいので、ホームページ(https://www.wealthnavi.com/)を参考にどういうシステムになっているのか調べてみてください。